teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


8/29(水) プレーオフ試合結果と構造改革の活動休止報告

 投稿者:920メール  投稿日:2007年 9月 1日(土)01時01分59秒
返信・引用
  8/29(水) プレーオフ試合結果と構造改革の活動休止報告

構造改核、2007.2ndステージ B1 EAST 5位、プレーオフ進出。チーフが不在のまま、4人で望んだ。

1試合目 vs FC MINAMI 5-4 勝

相手はB1 WEST 7位のチーム。決して焦らず、パス練習の感覚で試合を進めようと話し合い、落ち着いた立ち上がりを見せた。序盤から腹黒さんがテンポ良く得点を重ねたが、相手もジリジリと詰め寄ってきた。
後半、連続失点があり、4-4同点。残り1分、☆君からのパスを受けた920選手がねじ込み、まずは初戦通過。


準々決勝 vs ゴリアテ 8-8(P.K. 2-1) 勝

相手はB1 WESTにおいて勝ち点105点を上げ、ぶっちぎりの1位通過チーム、もちろんシード扱いだった。このチームはシュートセンスの良いトップが1人、残り2人ががっちりディフェンスをする役割分担のハッキリしているチームだ。確かにトップの若造は抜群のシュートセンスがあった。

前半はシーソーゲーム、一度ボールを奪えば相手のトップを残して数的有利な状況が作れるにもかかわらず、なかなか得点を挙げられない。また、相手も課長のナイスセービングに阻まれ、以下同文。
後半、構造改核にミス多発、試合時間残り4分、5-8で劣勢となっていた。しかし、粘り強い追い上げを見せ、課長のミドル炸裂、腹黒ミサイル発射、☆君からの渾身のパスを受けた920選手の同点弾。意地で追いついた。そこで時間切れ。

サドンデスP.K.戦となり、じゃんけんで勝利した構造改核が後攻を選択。
①相手 ○ - 920 ○
②相手 × - 腹黒○

相手キッカーの2人目である点取り屋を課長が止めた。泣けた。

この試合の920選手、後半途中に相手との激しい接触があり、試合後に頭痛を訴える。どうやら接触した時、相手の肘がおでこを痛打した模様。2日経った今でも微妙に頭痛がする。右足首もいてぇし。


準決勝 vs 第三分団 1-5 負

相手はB1 EAST 3位のチーム。前季の1stステージプレーオフ決勝で負けている。
920選手が激しい頭痛を訴え、試合放棄を申し出たが、他にチームがいないと言われ、スタッフ・石田さんを加え、-2点のハンデを背負い対戦した。なんと前半の途中でチーフが来た。あと5分早ければ神と崇めたのに…
序盤に石田さんが2連続得点で一気にハンデを0に戻し、後半からチーフを投入するも残念ながら勝利することは出来なかった。無念。


今の僕にはサッカーしかない。僕は続けたい。
思い届かず、チームで話し合った結果、構造改核は活動休止することを決めました。Good-by.
 
 

8/23(木) 思い

 投稿者:920メール  投稿日:2007年 8月24日(金)01時55分31秒
返信・引用
  1試合目 vs STINGER 6-11 負

仕事の為、腹黒さんとチーフが不在。助っ人として兵士・タカに入ってもらいました。

前半は攻められつつも確実に得点を重ね、構造改核がリードしていた。キーパーの兵士も、相手との1対1の場面で素晴らしいセーブがあった。記憶が曖昧だが、5-2か6-3ぐらいで勝っていたんだ。
しかし、後半になり、明らかにスタミナが切れた。回らないパス、押し込まれるディフェンス、はい出ました構造改核の負けパターン。気がつけば5点差をつけられ逆転負けです。


2試合目 vs ハイレフロー 17-7 負

やはり腹黒さんとチーフが間に合わず、助っ人を依頼した。兵士・タカとスタッフ・ノボル君。

イイとこ無し。相手チームにシュートセンスの良い坊主頭がいました。ディフェンスについていながら、際どいコースを狙われ失点多数。攻めあがった時に決められず、攻撃陣が戻れず、結果2対1の状況が多数ありましたね。確かにスタミナ切れもありますが、チーム全体として、サッカーに対するヤル気を感じることが出来ませんでした。

もちろん、助っ人で参戦していただいた方々には何も言うことはありません。よくやってくれました。これは構造改核の問題です。今季の構造改核、シーズンを通じて、負け方があまりにも醜かったです。


こんなチーム状況でありがなら、プレーオフ進出が決まりました。すでにキャプテン・たつさんからメッセージが届いているかと思いますが、来週の水曜日・8/29、21:20~ 開催されます。しかしながら、今のチーム状況、人数が揃わない以上、辞退することも視野に入れています。さらに、来季の存続も危うい状況にあります。

仕事で参加できないのは痛いほど良くわかりますが、僕はサッカーが好きです。僕にはサッカーしかありません。チームの“核”が膝の故障で参戦できないからこそ、このチームを持続したい。それがアクションサッカースタジアムのスタッフに迷惑を掛けてしまうとわかってはいますが、この環境でサッカーが出来るのはこの先、もぅないと感じています。僕は続けたい。


2007年5月10日から今日まで戦ってきた2ndステージ、今季の構造改核の戦績です。

6勝9敗1分
 

何やて!怪我!

 投稿者:BULL33  投稿日:2007年 8月18日(土)00時15分43秒
返信・引用
  何やて!怪我!
困った!



今現状の回復具合は?
プリンスCapに要相談!
 

8/16(木) 揃わないメンバー

 投稿者:920メール  投稿日:2007年 8月17日(金)02時11分14秒
返信・引用
  1試合目 vs FCぴんく 15-6 勝

本日のFCぴんくは前回の2名しかいなかった状況とは違い、メンバーをズラリと揃えていた。このチームと対戦する時は、いつも接戦になる。昨年の3rdステージプレーオフ決勝で延長でも決着がつかずP.K.戦をやったり、毎回わずかの差で勝敗が決まっている。

本日は我々が人数難だった。仕事の為、☆君とチーフが不在、メンバーが1名足りない。助っ人でじぇいの若手に入ってもらった。

序盤から終始構造改核が主導権を握っていたように思う。助っ人のじぇいも若いし上手い。助っ人にもかかわらず、ボールを奪われたときは懸命に戻ってくれたし、攻撃するときはイイ位置にいてくれた。若いだけあって最初の出だしが速い。

また、自分で書くのもどうかと思うが、920選手が絶好調だった。いつになく1対1の場面で面白いようにゴールを決めていた。


2試合目 vs FC a 49 9-1 勝

以前にも書いたことがあるが、このチーム、私が個人的に絶対負けたくない相手だ。サッカーに対する姿勢やプレースタイルが気にくわない。ついついファールが多くなり、険悪なムードになってゆく。だいたい、真っ先にファールをするのが私だ。無性にボールを奪いたくなる。

なお、この試合も助っ人でじぇいの若手に入ってもらった。じぇいの奴等、この試合でたぶん4試合目だ。なのによくやってくれた。ファールもしてた。それでイイ、痛いほど気持ちがわかる。

本日の相手は攻め手に欠けていた。わざとネットを狙っているのかわからないが、シュートミスが多かった。それに加えて、ディフェンスも要所要所で相手の攻撃を抑え、腹黒さんがコースをついたセンスの良いシュートを決めていた。

この試合で私は右足首をひねりました。このまま出張に行ってきます。最悪の場合、今月一杯サッカーを自粛します。ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします。

【追伸】
本日の東京は最高気温37度、アクションへ向かう途中にある電光掲示板も21:10の時点で30度を表示していた。アクションのコートも暑かった。室内にいても熱中症になるのがうなずける。皆様、気をつけて下さい。汗をかいたら水分を補給することを忘れずに。オススメは「下町のナポレオン・いいちこ」
 

8/9(木) 迷走するチーム構造改核

 投稿者:920メール  投稿日:2007年 8月10日(金)01時43分40秒
返信・引用
  1試合目 vs FCぴんく 11-8 勝

仕事の為、またしてもチーフ不在。そんな中、我々構造改革はどうやらホル宿と降格争いをしているらしい。

とにかく、本日の1試合目はFCぴんく。相手人数が2名しかおらず、ドリブル好きのスタッフが2名混じっていた。試合前に腹黒さんより腹黒い提案が出された。

「攻め急ぐクセがある。試合前のパス回しの感覚で、前に行くことを強く意識せず、確実にボールをキープしましょうよ。」

得点結果からみると打ち合いで勝ったようにみえるが、実際は終始我々が主導権を握っていたように思う。11得点はキーパーの雨さんを含め4人でバランスよく取った点数だ。技ありシュートも、強引なシュートもなく、相手ディフェンスを切り崩しての得点だった。

個人的に、気持ちよく勝てたゲームだったので、失点についてのコメントはしないでおきたい。


2試合目 vs FCラフェット多摩 1-10 負

920選手、初戦で体力を消耗し、キーパーをやる。ミスター課長がフィールドへ。
1試合目のリズムが崩れました。やはり、ポジションがガラリと変わるとチームが変わります。上手いとか下手とかじゃなく、ちょっとした立ち位置のずれで視界が変わってしまうんですね。

しかし、ラフェットは上手いです。我々チーム一同が感じたディフェンスの固さ。構造改核が築いてきた△ではなく、変則的なトラアングルでパスを出させない守備。常にパスコースがなく、無理やり出すと当然相手の足にひっかかる。

ヤツらいつの間にかA1 EASTの1位に君臨していますね。数年前は対等に戦っていたチームなのに、この差はなんだろう? 来週は8/16(木)22:00~2試合が予定されています。同じリーグのチームを見てみなさい。降格するには早すぎる。納得がいかない!そう思いました。

http://www.konamisportsclub.jp/actionsoccer/league_flash/20070806/fuchu.pdf

 

8/3(金) 久々の勝利

 投稿者:920メール  投稿日:2007年 8月 4日(土)00時50分20秒
返信・引用
  1試合目 vs じぇい 6-3 勝

技ありアシストあり、絶妙なシュートあり、前半調子良かっただけに、また逆転されやしないかと悪い予感がした。相手うまいし。

しかし、序盤から終盤まで気を抜かずしっかり守り、地道に得点を重ねた。相手のパス回しに振り回されず、どっしりと構え、キーパーのセービングも良かった。勝利したとはいえ、相手のボールキープには見習うところが多いと感じた。


2試合目 vs ホル宿 5-5 分け

残りわずか、腹黒アタックで追いつき、同点で終わった。過去の戦績から、お得意様のチームだったが勝ちきれなかった。結果引き分けで終わってしまったが、最近の負けパターンであった終盤に失点を重ねる悪い部分はなく、追いつくことが出来た。決定機に決められなかったのが悔しい。ボール1個から2個分ずれてる。これってやっぱセンスかな?

仕事の都合で欠席となってしまったチーフ、貴方がいなかったせいか、試合後に課長が言ってました。

「昔の構造改核みたいだった。」

現在の我々はB1 EAST 8チーム中7位の位置にいます。プレーオフは絶望的かもしれませんが、残っている試合、来季に繋げるサッカーをしましょうね。来週は木曜日になるようです。
 

7/12(木) 汚点

 投稿者:920メール  投稿日:2007年 7月13日(金)01時01分16秒
返信・引用
  1試合目 vs STINGER 6-9 負

序盤リズムよく得点を挙げたが、前半終了時点で逆転された。そのまま負け。


2試合目 vs FCラフェット多摩 1-26 負

6/21(木)、悔やんでも悔やみきれない負け方をした相手、リベンジのつもりだったが、返り討ちにあった。チーム結成から過去今まで戦ってきた中で最悪の結果となった。
 

6/29(木) またしても

 投稿者:920メール  投稿日:2007年 6月29日(金)00時25分34秒
返信・引用
  vs FCぴんく 5-7 負

序盤リードしていながら、後半押し込まれ、逆転負け。

少なくとも前回の反省点は克服しようとしてた動きが多数あった。でも意識しすぎて相手にバレバレ。だからきっと逆転されるんだ。

次回、両サイドは網に寄り過ぎず手前でターンをして前を向く、僕は真ん中でもっと我慢する。2週続けて負けると、やっぱゲンナリするね。次週は是非!

7/4(水)21:30~、参加できるように頑張ります。

【追伸】
それにしてもバイク事故のトークは衝撃的でした。

http://We will get victory! /課長来てよ.html

 

6/21(木) まさかの

 投稿者:920メール  投稿日:2007年 6月22日(金)01時48分6秒
返信・引用
  vs FCラフェット多摩 7-12 負

前半は6-1で切り抜け、終始優位に試合を進めていたのに。
後半、11失点。相手はA1リーグとはいえ、その昔、よく戦っていたチーム。取られすぎた。

失点が続いた時の立て直しって難しいですね。

試合前のミーティング内容を切り替えるべきかもしれません。我々の一番弱いところ、『メンタル』。
相手にリードされている時にどうするか?とか、連続して失点した時にどうするか?とか、徹底的にマイナス面を話し合うのもいいのではないでしょうか。
 

6/8(金) 相性

 投稿者:920メール  投稿日:2007年 6月 9日(土)02時35分25秒
返信・引用
  vs ホル宿 6-3 勝

今回のホル宿はおそらくベストメンバーだと思う。超攻撃的だった。
しかし、そこは対ホル宿負けなしの構造改核、開始から非常にディフェンスが良かった。

相手に攻めさせるだけ攻めさせて、フィニッシュをさせず、美味しいところはこちらが頂く。そんな試合展開だった。シュート本数は少ないながら、要所要所で決定力がありましたね。本日全員得点、集中力もありイイ試合でした。
 

レンタル掲示板
/9