teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


道具以外の要因として

 投稿者:其扇庵匠胡@管理人  投稿日:2015年 7月 9日(木)22時16分24秒
  お部屋はどのような環境でしょうか。
じかに畳か、板張りか、緋毛氈を敷いているか…、
薄いカーペットくらいならいいのですが、厚手のカーペットの上だと
立つことは難しいかもしれませんね。

http://www.tosenkyo.net/

 
 

少女さん、いらっしゃいませ!

 投稿者:其扇庵匠胡@管理人  投稿日:2015年 7月 9日(木)22時13分10秒
  1000回試みたというのもすごいですが、半年間ずっと毎日1時間も投げて一度も蝶が立たない…ちょっと考えにくいですね。
もちろん、どの流派の道具か、どこのお店の蝶か、にもよりますが、比較的立ちにくいと思われる浅草の蝶でも、さすがにそこまで立たないことはないです。
私も興味があって、すべての技の出現頻度を1年間に渡って統計を取ってみたことがあるのですが、「蝶が立つ確率」を計算してみたところ、約1.05%でした。
つまり、100回に1回くらいは立つものと考えられます。

http://www.tosenkyo.net/

 

唐突に失礼致します。

 投稿者:少女  投稿日:2015年 7月 9日(木)15時55分13秒
  投扇興を始めてから半年程経ちます、
ほぼ毎日一時間以上打ち込むのですが、
未だに蝶が立った所を見た事がありません。

ある日、余りにもたった姿が見たくて、
無心に枕の上に立てては突いて落としを1000回試みましたが、それでも一度も立ちませんでした。。

初心者なので、勝手がよくわからないのですが、
元来、こんなに立たないものなのでしょうか?

ご教授頂ければ幸いです。
 

お公家さん?

 投稿者:こつり  投稿日:2015年 2月14日(土)10時33分12秒
  投楽散人其扇と云う方は(架空の人物でしょうが)、宮中の公家なのでしょうか? 私はてっきり商人のような庶民かと思ってました。  

おっと失礼

 投稿者:其扇庵匠胡@管理人  投稿日:2015年 2月13日(金)00時37分9秒
  いわゆる檜扇が平安時代の初期までにはできていたのは合ってますが、数本の骨に紙を貼った扇が発明されたのも平安中期のようです。やっぱりこういうのは難しいですね(私はガチガチの理系です(^_^;)ゞ)。

扇子の起源はともかくとして、投扇興が平安時代に起こったという誤解は、ほぼ間違いなく銘定のせいでしょうね。百人一首とか源氏物語とか。

http://www.tosenkyo.net/

 

これははっきりしないんですよね

 投稿者:其扇庵匠胡@管理人  投稿日:2015年 2月13日(金)00時19分3秒
  こつりさん、こんばんは。
荒井さんはもちろん投扇興の起源はよくご存じで、十代将軍家治の時代に始まったということもちゃんと触れておられますし、もともとは江戸ではなく京の都で始まったという古文書の記述もありますから、これは別に間違ってはいないと思います。
ただ、実際に大流行したのは江戸の武士や庶民たちの間であるのも確かで、ここらへんは正確に把握するのはなかなか難しいです。
ただ、特に関西方面の投扇興のイベントでよく耳にする「平安貴族の間でたしなまれていた」というのは明らかに間違いです。そもそも、その頃にこういう形の紙の扇子はありませんでしたしね。

http://www.tosenkyo.net/

 

宮中が始まり?

 投稿者:こつり  投稿日:2015年 2月11日(水)20時10分49秒
  こんなのを見つけました。↓
http://www.wajuku.jp/index.php/archives/1347
これによると、文扇堂の御主人は投扇興を「宮中で生まれ、宮中で人気だった」というようなことを言っておられます。これはまちがいだと思うのですがどうでしょうか?(あるいは、ブログ主が誤解をしたか?)
文扇堂の投扇興セットの「投扇興の栞」には、そのようなことは書かれているのでしょうか?
日本の遊戯の研究者の間では、投扇興の歴史について、間違った内容が広がってしまい、歎いているようです。
このサイトで、正しい情報が伝わるよう願っています。
 

投扇興 美扇流:新春初会 (1月11日) のお知らせ

 投稿者:投扇興 美扇流  投稿日:2014年12月23日(火)22時38分15秒
  【投扇興 美扇流:新春初会 (1月11日) のお知らせ】

美扇流の平成27年初会のご案内を差し上げます。
大阪市北区の『大淀コミュニティーセンター 和室』にて1行ないます。
初めて投扇興を体験される方もご来会いただける内容でございます。
是非、皆様お誘い合わせの上、お気軽にお越しくださいませ。

日: 平成27年1月11日(日)
所: 大淀コミュニティーセンター和室(天神橋筋6丁目駅 徒歩10分)
費: 2000円(和装の方は1000円)

14時~ 練習。好きな時間に来てください。
16時~ 投扇興の初会。
18時~ 飲み会(希望者のみ)
21時頃 翌日は平日。早めに解散予定。

飲み会 場所:『世界の山ちゃん・天六店』
飲み会 費用:ワリカン (3000円くらい?)

* 投扇興の成績によって、5000円相当の景品が当たります。
* 初めての方も気軽にご参加ください。
* ご友人もお誘い合わせの上、ご参加ください。
* 準備の都合がありますので、1月6日までにお知らせください。
* 参加ご希望は、tousenkyou.bisen@gmail.com まで。

■投扇興・美扇流のwebページ■
https://sites.google.com/site/tousenkyou/

■投扇興ってなに?■
扇子を投げて、的に当てて愉しむ、雅な遊びです。
的への当たり方を,源氏物語54帖に因んで得点をつけます。

--
投扇興美扇流事務局
tousenkyou.bisen@gmail.com
https://sites.google.com/site/tousenkyou/

https://sites.google.com/site/tousenkyou/

 

投扇興 美扇流のご案内

 投稿者:投扇興 美扇流  投稿日:2014年10月30日(木)19時01分25秒
  投扇興 美扇流の案内をさせていただきます。

美扇流は、関西・大阪を中心に活動している投扇興の流派です。
シテ方 観世流 能楽師の藤井丈雄が家元を務めております。
戦前に大阪で営業していた久保田扇舗の源氏物語形式54種類の点式を復刻して使用させていただいております。

投扇興・美扇流 練習会

2014年11月 6日(木)練習会「大淀コミュニティセンター和室」
2014年12月11日(木)練習会「大淀コミュニティセンター和室」
2015年 1月11日(日)新春初会「大淀コミュニティセンター和室」(時間未定)
時間:19時~21時30分まで。(都合の良い時間にお集まりください。)

参加費:2000円(和装の方は1000円)
初めての方も気軽にご参加ください。

大淀コミュニティセンター:天神橋筋6丁目駅 徒歩10分
参加ご希望は、tousenkyou.bisen@gmail.com まで。

美扇流Webページ: https://sites.google.com/site/tousenkyou/

https://sites.google.com/site/tousenkyou/

 

>「美扇流」さん

 投稿者:其扇庵匠胡@管理人  投稿日:2014年 1月 2日(木)09時16分14秒
  ありがとうございます。いずれ詳しいご説明がサイトに追加されることを楽しみにしています。

http://www.tosenkyo.net/

 

レンタル掲示板
/16