teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


海外で働くに関して

 投稿者:来週のマルコメ  投稿日:2006年 9月23日(土)09時38分7秒
   >教案はマッチいていると言うよりマッチさせているといったところです。
ということに関しまして、もはや教案は「授業の計画書」というよりも、「授業の報告書」という意味あいが強いように感じます。そうでしょうか?有る程度大まかな授業の流れを教案に書き示し、授業を行った後に、授業中に実際起きたイベントを書き残すという工程でしょうか?そうすると、教案は授業のドキュメンテーションの役割を大きく果たしているように感じます。「授業計画報告書」という感じで、日々ストックされる教案ですが、これはどのように保存や保管等を去れているのでしょうか?今後また取り出してみる機会など御座いませんか?
 最近私自身、海外で働くことに関して、外国人教師の採用・研修システムについて情報を調べました。某語学教育機関では、教師の応募数は14600人で、採用者は365名と狭き門となっております。学生はより質の高い教師を求める傾向があるのですが、採用される過程は険しいものですか?

http://homepage2.nifty.com/couchi/

 
 

すみません

 投稿者:椿メール  投稿日:2006年 9月22日(金)12時08分1秒
  パソコンの感度がよく、二度にわたり同じような内容を書いてしまいました。すみません。  

お答えです。

 投稿者:椿メール  投稿日:2006年 9月22日(金)12時05分5秒
  来週のマルコメさん。確かに、授業中に自然な日本語は出ていることもあるかと思いますが、それをならべくださないように私の場合は教案をならべく細かく書くようにしています。(まだまだ未熟なので)教案はマッチいていると言うよりマッチさせているといったところです。ので教案からはまだ離れられません。時々、生徒の反応を見て教案に書き込みをし、もっと分かるように教える努力中といったところでしょうか。私も常に「教師に向いていないんじゃないか」と思ってしまいますね。でも教えたい気持ち、伝えたいが強いので、どう伝えたいかと日々考える毎日ですね。なので私は一緒に考えていける教師を目指しています。最初から「教師に向いている人」なんていないかと思います。悩み、考えるからこそ「教師」として向いて行くのだと思います。ようは「日本語」を通して「日本」の何を学習者に自分は伝えたいかが大切なのではないかと思っています。些細なことでも、それを伝えたいと言う気持ちが「情熱」につながり、理解したいという学習者も増えるのではないでしょうか。まあ、「情熱」も大事ですが、情熱がありすぎるのもすれ違いを生むかもしれませんので、まずは何を伝えたいかが大事なのかなと思います。私もまだまだ未熟者ですので色々なことに努力中といったところです。まあ、物事をプラス思考に考えるのが私なので。  

そうですね

 投稿者:椿メール  投稿日:2006年 9月22日(金)10時39分22秒
  来週のマルコメさんのいうとおり、つい学習事項ではない言葉が出ることもあります。ので、私の場合、意識するだけではまだまだ足りないので、教案という形で書き出して時々見ながら語彙コントロールをする努力をしています。確かに出るほうが自然な日本語ですが、自然なのと基本を習うのとでは違うと思います。と言っても、学校外で生徒に会ったときはつい関係ない、自然な日本語を教えてしまうときもありますが…(反省)教案と授業内容はまだまだ、教案を廃止するほどできていないので、ほぼ教案どおりに動いてますね。でも、一つ授業が終わるたびに改良や検討をしているので教案にはいらない書き込みが多いです。ので、マッチしているというより、マッチさせていると言ったほうが正しいのかもしれません。私もまだまだ未熟者です。私は毎日の反省の中「私は教師に向いているのだろうか」と悩みます。「やめたほうがいい」など何度も思います。でも生徒に日本語を伝えたい気持ちが強く、時々返ってくる生徒の反応を見つつ、メモをしてどう伝えていけば良いのか日々考えています。多分、教師に向いている人なんて初めからいないのかもしれません。どう伝えていくのか、何をどうやって教授、手助けとしていけば良いのかを悩み、そしてそれらを含めてこの仕事がやりたいと思うからこそ教師に向いていくのだと思います。私は教師だからと偉くとまるより、相手と一緒になって伝えていく努力のできる教師でありたいと思っていますよ。「情熱と猛烈」、確かに必要かもしれませんが、「情熱」だけで走りすぎないことも必要なのではないかと思います。それよりも大事なのは「日本語」を教えるにあたって、「日本」、「日本語」に関して小さなことでも何でも良いので自分が好き、他の人にも伝えたいと思うことのほうが大事なのではないでしょうか。自分が好きなことなら、他の人には受け入れられないこともあるでしょうが、受け入れられる人もいると思います。そうすると、相手に伝えやすいし、来週のマルコメさんのいう「情熱」に繋がってくるのではないでしょうか。  

教案と実習

 投稿者:福助わっしょい  投稿日:2006年 9月21日(木)23時39分30秒
   教案は、自分の進め方及び教材の選択などから是非詳細に作ってみるべきであると思いました。結果、流れは維持されますが、細かいところは生徒の質問が出たりでマルコメさんのご指摘のとおりうまくはいきません。それでよいと思っています。
 語彙のコントロールは、やはり小学校の先生は一枚上手で、じょうずに語彙コントロールをしています。やはり意識することで訓練されるのではないかと思います。但し、私はうまくはできませんが・・・。能力が高くなると多分、教案は必要がなくなりシラバスだけで授業が進められるようになるようには思います。
 

なんども申し訳ないです。

 投稿者:来週のマルコメ  投稿日:2006年 9月21日(木)23時28分23秒
  いつもご親切にしていただきまして誠に有難う御座います。

>余計な日本語が出ないように、教案を細かく書き、語彙コントロールに気を使っています。(まだ、足りないかと思いますが)
という内容に関しまして、更に詳しくお尋ねしたいのですが、教案をイメージよりリアルに書き上げるた結果、授業の効果直接結びつくことはありますか?ありませんか? 語彙のコントロールは意識していれば、出ないものなのでしょうか?出るほうがより自然な日本語ではないでしょうか?
 私の経験上の話ですが、いくら教案をリアルに書き散らしても、なかなかそのとおりにうまくいかないことに悩み苦しんでいます。というよりも、臨機応変に対応できる要領がかなりの割合で要求されます。何せ相手は生身の人間です。高い意識(日本語学ばせる)というのがないと、大きな効果は期待されません。有る意味「情熱と猛烈」が必要な職業と実感しています。このような実感の前に、「一体私は教師に向いているのだろうか?」という結論に至り勝ちですが、第三者からしてみれば、「まだ教壇にもたっていなし、卒業生を送り出していないのに勝手に決めすぎ」となるわけです。
 能力の高い方の指導者によりますと、「教案」というものは最終的に廃止するよう努力せよ!と命じられています。一瞬どうしたらいいのか、困惑してしまいました。
 椿さん場合どうでしょうか?授業のあとと教案を照らし合わせた結果、高い割合でマッチされている感じですか?

http://www.tottoku.net/

 

椿さんへ

 投稿者:たんぽぽメール  投稿日:2006年 9月21日(木)23時08分19秒
  お忙しい所 早速の回答を有り難うございます。
具体的にどうしたいのか考えること、とても大事だと思います。
私は、教師としての第一歩をいつ踏み出すかで迷っていたのですが、
最近色々な方のお話やアドバイスで、やっと決心がついたところです。
実習が終わって、準備ができたら海外に出向くつもりです。
 (海外 ということで賛否両論ありますが...)
なので、この先のプランはスムースに進むと思います。
なんせ非常に長い間悩みましたので...
椿さんにもご回答いただけて幸いです。有り難うございます。
今は準備を整えつつ、今は試験に集中しようと思います。
また勝手に近況報告などさせて頂くと思います。
季節の変わり目、体調を崩さないように元気に頑張ってください ☆
 

来週のマルコメさんへ

 投稿者:椿メール  投稿日:2006年 9月20日(水)12時23分23秒
  色々とご質問ありがとうございます。私の場合、まずどうやったら初級の学習者に入っていくかと言うことを考え授業計画を立てました。もちろん、余計な日本語が出ないように、教案を細かく書き、語彙コントロールに気を使っています。(まだ、足りないかと思いますが)タイ語は最近覚え始めたので、時々使える言語は使って説明(書いて)といった程度なので、多分学習者の半分もまだ勉強できていないのだと思います。言葉も正確かはわかりまんが、教科書の言葉を使うよう心がけています。柔軟な対応はまだまだできていないかと思います。現在、特訓中?生活には英語でもまあ、通じなくは無いですが、タイ語ができると聞きたいことがもっと聞けるのだと思います。ただいま、勉強中。まだまだ、話せる域にはなっていないのでなんとも…日本語教師になる前の職業は特に生かされているように感じませんが…なんせ、私がやっていたのは老人介護なので、コミュニケーションはどこに行っても必須ですし、実感がありません。まあ、就職先にもよりますが、人によっては生かされるのではないでしょうか。自分のスキルで役立ったのは浴衣の着付けと習字くらいですかね。多分、塾講師の経験などあるのでしたら、生かされるのでは?(わかりませんが…)  

たんぽぽさんへ

 投稿者:椿メール  投稿日:2006年 9月20日(水)11時46分0秒
  はじめまして、椿です。私は現在24歳で、今回が初めて教師として仕事をしています。私も養成講座を出たばかりで、社会経験といってもアルバイトや派遣を約2年やった程度です。無いに等しいかも…確かに社会経験も大事かもしれませんが、それはあることが望ましいくらいではないかと思います。海外で教えるにしても行きかたには色々なパターンがあります。(色々な日本語関係の本にものっていますが)通常ネットでの公募は社会経験を問うものが多いですが、プログラム参加だと特に問われなかったりとか、ようはその人のやる気がまずは物を言うのだと思います。「いくらやっても無理」という言葉は自分を否定するだけです。必要なのは、自分はどういった教師になりたいのかだと思います。たんぽぽさんはイメージを具体的につけることからまず始めてはいかがでしょうか。まあ、私もヒューマンの人に似たようなことを言われましたが…私も社会経験が無く、海外にも一度も行ったことがありませんが、今はタイで日本語教師として教えています。具体的イメージといってもすぐには無理かと思いますが、抽象的なイメージでも良いのでまず書き出して客観視することで、具体的なイメージが付いてくるかと思います。ちょっとしたことでも書いていけば、イメージが付くのでは?私からはそれくらいしかわかりませんが。後、検定試験がんばってください。海外で教えるにしても、断然有利な条件となるかと思います。(私は去年落ちてしまいましたが…)  

新米教師

 投稿者:たんぽぽメール  投稿日:2006年 9月17日(日)21時03分7秒
   こんにちは。はじめまして、たんぽぽです。アルバイトをしながら教師を目指しています。今は、来月の日本語教育能力検定試験にむけて日々勉強しております。
 突然ですが、みなさんは 「教師」になるには、くら420時間の講習や実習をやっても社会人経験が無ければ、いきなり海外で教えるのは無理だと 思いますか??
 

レスポンス有難う御座います。

 投稿者:来週のマルコメ  投稿日:2006年 9月16日(土)20時38分51秒
   多くて50人の学習者の前、リーディングし且つ日本語教育を施すことはそれほど容易ではないと思います。先日私もキーマンとの話を交しました。「あなたが教師として、学生に何を学ばせることが出来るのですか?」というような明確な問いに対しては私は教師という職業は疎かにしてはいけないと危機感を持ちました。 そして学習者からの需要も厳しく、「教師のあなたから私は何を学べばいいのですか?」教える物(情報量)が大きな鍵を握っているように感じました。教科書とのズレは即ち、椿さんには大きな情報量の薀蓄がある事を裏つけるように思えます。そうですよね?
 俊敏な教師の言動は学習者に濃く残る印象を与えます。ナチュナルな会話において何か注意されることは有りませんか?言葉使いに乱れなどありませんか?正確な日本語を使うように心がけていますか?特に海外ですと、学習者の印象一つで、日本の印象を決めがちです。
 困難に直面していた頃は確かに困難では有りましたが、今考えるとそれほど困難ではなかったようにも思えます。成長した証拠なのでしょうか?技量が深まったと考えていいのでしょうか?しかし、時には一難が去って又一難、去っても地獄だし、残っても地獄。一体どうすればいいのだろうか?と時間にゆだねていたら解決するものも結構あります。特に言語においては、それ自身変わりつつあるので、昨日の不正解が本日の正解となることもしばしばあります。柔軟対応はどのように工夫されているのですか?またタイの生活においてタイ語は生活上不可欠なものですか?日本語教師になる前の職業は現在日本語教師において生かされてると考えられますか?

http://www.tottoku.net/

 

マルコメさん、お答えです。

 投稿者:椿メール  投稿日:2006年 9月13日(水)10時33分24秒
  人数は大雑把に4~500人といったところでしょうか。まあ、全体での数なので、一クラスは多くて50人ですね。一日の予定は時間割が決まっているので、その中で授業を進めています。私の授業は教科書に沿ってはいますが、あまり教科書を読ませず、触れる程度で発話中心の授業をしています。まあ、教科書が多くの教科書とずれてて、基本文型や必要な質問は無いのに答えだけが載っているといった感じで、ナチュラルな会話ではありますが、とても使いにくい教科書です。タイではまあまあ知られている「あきことともだち」というシリーズです。一日は1時限が50分で1コマ100分。半分以上会話をやり5分休憩を取り、30分ひらがなの読み書きの時間に使っています。やり方についてはまだまだ、模索、検討をしながらなのでオリジナルと言うのは特に無いかと思います。文化の違いも、マルコメさんの言うとおり、あまり違いは無いのかもしれません。人と付き合う上でコミュニケーションはとれる訳ですから。ただ、マルコメさんがNHKのことについて考えたように、前にも述べましたがときどき独特な考えを聞いたり、見たりすることがあり、それは文化の違いなのかなと考えます。私は運命論者的考えを持っているので、(母の影響でしょうが)どこにいても、その時ぶつかった困難は、それは今必要なことで、成長した後で振り返るとよくわかることなのだと思っています。なので、マルコメさんが困難なく来れたのはもしかしたら気づかないうちに乗り越えたことなので、よくわからなかったのだと思います。日本で「苦あれば楽あり」というコトワザがありますが、(意味は忘れました)もしかしたら、そういった人の成長を言っているのかもと考えることがあります。なので私は、何事も前向きな考えで時には、マイナス思考になりつつ、次につなげていけたら楽しいだろうという、心情で動いています。  

マルコメ君を添削

 投稿者:福助わっしょい  投稿日:2006年 9月12日(火)22時14分37秒
   ①「人数を取りまとめているのですか??」少し変→「票を取りまとめる」「報告を取りまとめる」など物や考えについて言うが、人については単に「まとめる」であると思います。新明解国語辞典を見ましたが、「取る」には暗に「物、考えを」という意味を内包しているためだと思います。
 ②文脈としては読点の位置が「要求されたタスクですか、それとも椿さん」です。もし、今の「読点」であれば、文末が「オリジナルな方策ですか。」となります。
 ③「推敲」は「遂行」の間違いでは、「教育を遂行する上で、文化の違いを組み込む」と教育を1回にした方がよいでしょう。しかし、「組み込むことはないですか?」という疑問文の意味がわかりません。「組み込んでいく必要があるのではないでしょうか。」といういみですか。
 ④「日本に来日」は同じ意味を重ねているので、「留学生として来日し」で十分です。
 ⑤「非常に後悔されています。」× →「非常に後悔されます。」か「非常に後悔しています。」「について非常に後悔させられています。」のいずれかになります。「後悔されている。」は「Vの受身形+ている」なので主体が他に移ってしまうのでおかしいのだと思います。
 ⑥「損そした」はタイプミス? 「損をした。」キーボードのWとSが上下関係なので。
 ⑦「日本人共通の問題でも考えることがあります。」は、「でも」が「考えられる最低限の条件がともかく成り立つ」という意味で使っているようですが、「日本人と共通の問題としても考えられます。」と言うと思います。どうして「でも」が使えないかがわかりませんので、これは宿題にさせてください。
 

更に質問してもいいですか?

 投稿者:来週のマルコメ  投稿日:2006年 9月 9日(土)14時33分22秒
  今現在どれくらいの人数を取りまとめているのですか??一日の予定はどのように進めているのですか??というより、どのような予定が組んであるのですか?それは学校側から要求されたタスクですかそれとも、椿さん自身がこのようにすれば一層学習効果が高まるとかのオリジナルの方策とかはあるのでしょうか?
 文化の違いというのは聞くけれど、人間である以上は大まかのルールのもとで行動すれば、特に問題は生じないと考えがちですが、教育を推敲する上で、文化の違いなど教育に組み込むことはないですか?私自身は留学生として、日本に来日し、環境適応力が強いせいなのか、日本語教師が私に施してくれた苦心を知る由も無かったことを非常に後悔されています。今現在自分が教師になろうとしているのに、かつてのことを思い出すことが出来ないくらい、大学に入学しストレスなくタスクをこなしてきました。有る意味困難にぶつからなかったので、大事な学習するチャンスを見逃している点では損そしたようにも考えられます.しかし、日本の生活において困難に直面することあったのでしょうか?といわれると、確かに自分の不満が困難になっているようなものでしょう。その他NHKの受信料などに関して言えば、日本人共通の問題でも考えることがあります。

http://homepage2.nifty.com/couchi/

 

そうかも…

 投稿者:椿メール  投稿日:2006年 9月 7日(木)10時00分17秒
  来週のマルコメさんは色々と考えをお持ちで、すごいですね。私も少し日本のことをタイの人がどう思っているかも気になります。時々生徒になぜ日本語を勉強しているの?日本の何が好き?など聞きます。まあ生徒が若いせいもあるかもしれませんが、漫画やアニメ、ジャニーズなどが人気ですね。(今はKAT-TUNかな?)私の生徒は、文化というより今の日本の歌、漫画、アニメなどに興味があるみたいです。他人の視線に関しては、日本にいても元々気にしていた私なので、海外だから特にという感情はありません。まあ、私も文化と大きくいいましたが、日本には無い面白さ、違いなどを実感、体験したいと言ったところですかね~。タイ人との会話は普通の会話ですよ。ただ、ときどき感覚の違いや考え方の違いを聞かされると、その国の文化?なのかなあなどと、考えることがあります。人間、自分で気づいたり、考えたり、悩んだり。それでいて人を思いやることが少しでもできるなら、海外でなくてもどこでも成長はできると思います。ただ、海外のメリット、デメリットはそれがダイレクトに自分に返ってくることですかね。ようはその人次第のような気もします。私は、それも体験してみたいという気持ちが少し、ありました。なぜなら、振り返ると気づくことが多くあり、次につながると思っているからです。(プラス思考すぎますかね?)  

レスポンス有難う御座います。

 投稿者:来週のマルコメ  投稿日:2006年 9月 6日(水)23時20分24秒
   小さな面としては、タイの生活に何があったら便利だな~?このように変わればいいのにな~?などは御座いませんか? タイの人たちは日本のこと、(椿さんの故郷)に関してどのようなイメージをお持ちなんですか?コミュニケーションを楽しむというのは、普通の会話を楽しむとは別に、文化の楽しみ方とか有るんですか?
私の場合、今現在海外(日本)にいるんですけど、私は特に海外という意識はなく「地元」ではない、ということに比重を置いてありますね~。むしろ日本の文化を知るということには興味はなく、「日本の人達はどのように私の故郷や私を見るのだろうか?」という他人の視線が気になります。そして、日本の生活と海外の生活に関して何が違うというと、やはり「暖かさ」が違います。海外に行きたいと思う人たちは、恐らくその暖かさに惹かれた割合が多いのではないでしょうか?向上心やの情け深さ、優しさなどが日本の人よりも長けているとかで、きっとここなら自分を成長させることが出来る、などと思う人がいます。

http://www.tottoku.net/

 

お答えです

 投稿者:椿メール  投稿日:2006年 9月 6日(水)10時03分42秒
  私の場合、「海外で」の方がどちらかというと比重が大きかったです。日本を出たいとかそういうつもりではなく、(まあ、そういう意味にも取れますが)一つには留学や旅行すらしたことが無かったので、一つの経験として他の国々を自分の目で見てみたいと思っていました。(知識とかではなく交流もかねて)もう一つには、教師として学習者に語学を通して、文化や日本に対して興味をもらいたく。その分私もじかに他国の文化などを知りたいと思いました。今海外に来て、私自身がもっとタイのことを知りたいと思うようになりました。教師としてもコミュニケーションの楽しさを伝えられたらと思っています。日本の生活と海外の生活の違いは私はよく言われるように文化やそれにそった考え方の違い以外特に無いように思っていますが、タイでちょっと変わっていることは、色々なところで省エネと聞くわりにはエヤコンガンガン、鉄道より道路の発達、歩くより少しの距離でもバスを使うといったところでしょうか。  

海外で働くことに関して・・・

 投稿者:来週のマルコメ  投稿日:2006年 9月 4日(月)14時31分45秒
  こんにちは、忙しいところ失礼します。
椿さん、既に海外で日本語教師として活躍されているとは想いますが、海外で働くことに関して、「海外で」と「教師として」どちらに大きな比重をを置かれていたのですか?とにかく日本から出ることが優先だったのでしょうか?それと「ひたすら教師になる」ことが大きな目的だったのでしょうか?
 海外の生活と日本の生活と何が違うのでしょうか?

http://homepage2.nifty.com/couchi/

 

私が留学したとき~

 投稿者:アタックマン  投稿日:2006年 8月24日(木)11時10分13秒
  私は教わる立場で留学を試みたときは、多少の出費を覚悟していました。
もちろん留学斡旋業者に足を運んだこともありますが、意外と費用は高かったです。
よって、これは自分から能動的に動いて、情報収集を行い、メンドクサイ手続きも自分からやらないと経費は削減できないと判断しました。

http://homepage2.nifty.com/couchi/

 

私の場合…

 投稿者:椿メール  投稿日:2006年 8月23日(水)11時19分7秒
  私も就活の際、色々本を読んだり、ネットを見たり時にはヒューマンに相談に行きましたが、海外で働くには派遣プログラムの参加が、スタンダードみたいです。そしてまあ、仕事と言うよりプロのボランティアと言ったほうが近いのかもしてません。私も最初は60万投資する予定で、親にも借金を頼むつもりで話をしていました。でも、直接派遣校から派遣会社に話が来たと言うことで、私は行きのチケット代を払っただけですみました。  

レンタル掲示板
/13