teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. ブランド激安偽物市場(ブランド商標スーパーコピー)ブランド偽物サイト(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Congratulations on your wedding

 投稿者:TR  投稿日:2015年11月10日(火)02時28分2秒
返信・引用
  ご結婚おめでとうございます。素晴らしい方と結ばれたのですね。
明日は卒論提出締切りです。
 
 

おかえりなさい

 投稿者:つじ  投稿日:2015年10月17日(土)15時18分2秒
返信・引用
  すっかり秋になりました。今年も残すところあと2ヶ月と…無駄に気持ちが焦ります。
理学療法士、素晴らしい仕事ですね。応援しています。
私は来週結婚式を挙げることになりました。
プロフィール映像に使用する学生時代の写真を見ていたら、ゼミのこと色々思い出し懐かしくなって掲示板にお邪魔しました。卒論、2回書いたな~とか(^^;
今年は大厄なので、大役を受けたと思ってこれから頑張ります。笑
先生も皆もお元気で。
 

再起動

 投稿者:がちぴん  投稿日:2015年 4月19日(日)00時11分45秒
返信・引用 編集済
  先生ありがとうございます。
昨年のゼミ活動では、マニラを訪問されていたのですね!
発電所や工業団地など、海外でのフィールド調査は後輩たちにとって
大きな大きな刺激になったのではないでしょうか。
羨ましいです。

こちらは旅をしてゆく中で、理学療法士になりたいという目標が出来まして
今年から3年間学校へ通うことになりました。

毎日10代の子たちと並んで授業を受けています。
みんな、若いですね(^^;)
皆それぞれに明確な目的を持っていて、目標とするところは同じなので
刺激であり、励みにもなっています。

ただ覚えなくてはならないことが膨大な量あって
予習・授業・復習・自習であっという間に一日が終わってしまうんですが
でも今勉強出来るということが嬉しくて、楽しくて、毎日がとっても充実しています!

世界でお世話になった人達の姿を思い浮かべながら
もっともっと自分を追い込んで勉強に打ち込みたく思っています!
そしていつか、今度こそ、人の役に立てる仕事がしたいなあ。


今年、先生にとっても素晴らしい一年でありますように
どうぞお元気で、お身体ご自愛ください。
またお会いしたいです。

 

わんだふる

 投稿者:TR  投稿日:2015年 4月12日(日)01時05分35秒
返信・引用
  日本で、世界で、五年の間に、たくさんの人に出会ったのですね。みんなから心の糧を頂いた様子が伝わってきました。羨ましいです。
次の目標はなんですか。
 

今日から ここから

 投稿者:ガチピン  投稿日:2015年 4月 1日(水)12時12分44秒
返信・引用 編集済
  3月下旬、日本へ帰国しました。
およそ5年に及んだ世界旅がすべておわりました。

最後の舞台となったのは、旅の理想郷バーミヤン。
壮観な風景と、そこで暮らす純朴な人々
今なお残る、土着的な暮らしと文化がとても素晴らしく
最後の最後に本当に良いゴールを切ることが出来ました。
だから今、悔いなく旅人を卒業できます。

明日からは次の目標にむけて、日本で新たな生活が始まります!
いっぱい勉強して、はやく一人前になって
世界の人たちに恩返しが出来るように頑張りたいと思います。
今日まで応援本当にありがとうございました。

動画「IN YOUR TOWN 2010-2015」↓
https://www.youtube.com/watch?v=vf2hAlBOTIc

http://

 

学生生活

 投稿者:ガチピン  投稿日:2014年 9月26日(金)15時06分32秒
返信・引用
  7月から始めた南米縦断の旅
ようやく中米グアテマラまで来ました。

現在アンティグアのスペイン語学校へ通っています。
1日8時間の授業!+ホームステイ!+自習!でみっちりスペイン語に浸かっていますo(^-^)o

大好きなビールを経ち、毎晩机に向かうのは何年ぶりだろう。
でも、勉強する時間があるって楽しいですね。幸せですね。
そして良い先生との出会い、これもまたご縁だと思います。

火山の裾野に広がる古い町並み。
十字架の立つ丘。
アンティグアはほんとに素敵な町です。


 

北米・南米縦断の旅

 投稿者:ガチピン  投稿日:2014年 7月11日(金)23時36分2秒
返信・引用
  すっかり夏の陽気ですね。
セミもちらほら鳴き始めて、毎日暑いなあ~。。。
先生、みんな、元気ですか。

17日から北米南米縦断の旅に出ることになりました。
世界旅もいよいよ後半戦、5年目になりました。←大学より長い。汗

スタート地点はカナダはバンクーバー。
そこから中米を通ってブラジルはリオデジャネイロを目指します!
5年ぶりのカナダ、初のニューヨーク、そして大学以来10年ぶりとなる南米の国々と
期待に不安に今からとてもワクワクしているところです。

進路もようやく正式に決まりました。
なので、来春までには残りのすべての旅を終えなければなりません。。。
なかなか過密でタイトな旅になりそうです。。。


それでは、行ってきます!
みんなもどうか元気で!
来年の夏、また集まれたらいいなあ。

 

On My Way To Africa

 投稿者:TR  投稿日:2014年 5月25日(日)17時35分4秒
返信・引用
  故郷に帰った後、またウガンダに戻ったのですね。自分で歩む道を選べるのはいいですね。  

夢に向かって

 投稿者:ガチピン  投稿日:2014年 5月 3日(土)19時11分32秒
返信・引用
  先生おひさしぶりです。
学生にとっては大学時代というのは一度きりですが
先生からすると、こうして何年も色んな世代の学生を見てこられて
きっとボクたち以上に時代や人の変化を肌で感じてこられたのでしょうね。

ボクも今年に入ってから自分の中で大きな変化がありました。
もうすぐ来年から歩む進路が決まりそうです。

小さな村で出会った、自分の仕事に誇りを持ち
誰かの生きる力になりたくて一生懸命頑張っているあの人に追いつけるように
ボクもこれから頑張りたいと思います。

今ウガンダにいます。


 

授業開始

 投稿者:TR  投稿日:2014年 4月10日(木)17時35分47秒
返信・引用
  3月25日の学位授与式(卒業式)が終わり、4月大学の授業が始まりました。課程には100名ちょうどの新入生を迎えました。入門ゼミでは11名の新入生ゼミ生が入りました。
4年生は就活を続け、自分の進路を開こうとしています。学生堅気も10年前とは変わったように思います。
 

アフリカ物語・完

 投稿者:ガチピン  投稿日:2013年12月20日(金)15時05分15秒
返信・引用
  今年もあと少しになりましたね。
みんな元気にしていますか。
今年はどんな一年でしたか。

今月、ようやくアフリカの旅を終えて岡山へ戻りました。
昨年7月にモロッコへ上陸してから一年半。
西・中部アフリカを南下して南ア・喜望峰へ
東アフリカを北上してエジプトピラミッドへと
アフリカの50の国々を515日かけて旅しました。

ボロボロの車で、道とは呼べないようなジャングルを何時間もかけて進んだり
腐敗した警察官からの度重なるイジメに苦しみ、困難なビザ取りに頭を抱え。。。
はじめは何をやってもうまくいかないことだらけで
旅を楽しむことが出来なかった時期もあったのですが
屈託の無い人々の笑顔や、大自然の美しさに魅了されるたび
アフリカという世界がどんどん好きになっていました。

日本へ帰ってから、あの騒がしい日々が一気に消え去り、
よりアフリカを強く愛おしく感じます。

今は本当に、心から「ありがとう」と言いたいです。
アフリカで出会ったすべての人たちと
ここまで応援してくれた人たちに

そして、ぶつかり合ってしまったこと
こちらのエゴで傷付けてしまったこと
本当に、ごめんね。

これから10年、20年、アフリカは、進化していくのかな。。。
それとも、やっぱりあのままなのかな。。。
気になるから、たぶん近い将来、また行くと思います。


もうすぐ2014年ですね。
ゼミに入った年から丁度10年になりますね。
先生とみんなにとって、また良い一年になりますように。
来年も宜しくお願い致します。
ガチピン


旅の動画を作りました↓
http://www.youtube.com/watch?v=Ewz5rWtGPkc

 

細く長く

 投稿者:つじ  投稿日:2013年10月15日(火)19時56分36秒
返信・引用
  ガチピンすごいところにいるね。
すご~く痛そうな民族とすご~く小さい民族と。
そんなところにいるガチピンと。
世界には常識なんてないんだなー
ガチピンの旅本が出たら10冊くらい買うからサインください。
からだに気をつけて無事に帰国してね。
鳥飼先生のゼミ写真見てたら、10年前の自分たちの写真を見つけて。
時間が経つのは早いねー!みんな元気にしてるといいな。
 

傷ある者こそ美しい

 投稿者:ガチピン  投稿日:2013年 9月 9日(月)08時15分13秒
返信・引用
  「美しい人」とはどんな人でしょうか。。。
お洒落や美的感覚というのは人それぞれ、
国が変わればそれも大きく変わるものだと思うのですが、
先日ボクはついに本当に「美しい人」を見つけてしまいました。

南スーダン東部のエクアトリア州にてトポサ族という遊牧民族と出会ったのですが、トポサ族の人たちは額や頬、背中や腕などをナイフで切りつけて、傷跡(ケロイド)の紋様を描くことをお洒落だとしているのだそうです。

特に女性はその数が多いほど美しいとされていて、
10歳を過ぎた頃から親または自分自身で体に切り傷を付け始めます。
顔はもちろん腕や足、背中まで全身ケロイドだらけの女性もたくさん見かけました。

これ、一見すご~く痛々しく思えるのですが、
色鮮やかな独特の色彩の衣装に、摩訶不思議な模様の傷跡
そして、そんな痛みを微塵も感じさせないごくごく自然な笑顔。
それがなぜだかここだと物凄く映えて見えたんです!
むしろ、そのあまりに神秘的な姿に思わずドキッとさえさせられてしまいました。

これは痛みを耐え抜いた美しさなのか?
それとも、お洒落を目指すところにたまたま痛みが共存していただけなのか?
この人たちがそれでも自ら身体を切りつけるのは何故なんだろう。。。
言葉では言い表わせない「美」を感じながら、道行く傷を持った人々を眺めていました。

美しい。
でも、ぜったいボクには出来ないなあ~。。。
だって、痛いのキライだもん。

 

ピグミーに会いたい!

 投稿者:ガチピン  投稿日:2013年 7月16日(火)17時19分56秒
返信・引用
  アフリカ中部の奥地には人類最小身長の「ピグミー」と呼ばれる民族が暮らしていると言われています。
ピグミーとは文明社会や人里を離れた山奥などに村を作り生活している低身長の採集狩猟民族のことを指します。
コンゴ民主共和国(旧ザイール)東北部の山奥には古くから他民族と交わることなく、純血を守り抜いてきた真正ピグミーのコミュニティーが多く存在しているのですが、東コンゴは内戦の激戦区でもあり、かつて題材に取り上げていた日本や世界中の学者たちもこの地でのピグミー研究を断念したのだそうです。

「ピグミーに会いたい!」
これはアフリカの旅を始めたときから自分のなかでの大きな目標のひとつでした。
今回、そんなコンゴ東部へと渡り、地元の人たちの助けを得てピグミーの暮らしている村を目指すことになりました。

貨物トラックの荷台に乗っかって、砂ぼこりをあげながら山道をゆっくりと進みます。
右に大きく揺られ、左に大きく揺られると、そのまま断崖から転がり落ちてゆきそうな険しい山道です。
切り立った山間を雄大な大河が流れていて、それだけで鳥肌が立ってしまうような美しい景色でした。

トラックを降りてさらに山道をグングン突き進んでゆくこと1時間、ひとつの集落が姿を現しました。
よ~く見ると、なんだか家がひとまわり小さい!!
そしてその影からヒョコっと姿を現したのは!!

「あ、あの人。。。」

一見子供のような、だけど、よく見ると顔は成人の男性です。
その隣には同じくらいの背丈で髭の生えたおじさんや、赤ちゃんを抱っこしたお母さんのような人の姿もあります。

「ピグミーだ。。。」

120~30cmくらいの身長に、少しとがった大きな耳、キョロっとした大きな目。
そしてキュッと引き締まった小さな口。それはいわゆる通常のコンゴの人たちとは少し違う、独特な顔つきでした。

「ち、小さい。。。」

もう心臓がバクバクと鳴り止まなくて、それまでの疲れが一気に吹き飛んでしまいました。
見たことのない外国人に驚いた表情で村人たちがどんどん集まって来てきます。

「みんな小さーい!!」

そして一人ひとりがこちらへやって来て緊張した表情で握手をし、ニコっとあいさつをしてくれました。
さらに、子供たちが手をつないで小さな家々をひとつひとつ案内してくれたのです。もう、とっても嬉しかった!!
村の中は当然ピグミーの人たちだけなので、みんなとっても小さくて、不思議な感覚です。

初めはカメラを怖がっていた人たちも、興味深々で「ボクも!」「私も!」とカメラ争奪戦に。
なんだかこれまでで一番ピュアな表情を見せられたひと時でした。

周辺国にもピグミーのコミュニティは多く存在していますが、他民族との混合が進み、真正遺伝子を持ったピグミーは極稀だと言われています。なのでピグミーを見るならコンゴでと決めていました。今回訪れたピグミーの村はピグミー以外とは一切血を交えることなく、伝統の生活様式を守り抜いているという誇り高いピグミーの集落でした。
故に、電気やガス、水道などはこの村には一切ありません。
男性は日中弓矢を持って狩りに出かけ、女性は家で子供を育て、畑仕事や家事をする。
人間が本来営んできたライフスタイルを当たり前のようにこなし、自然と共に生きている彼らの姿がとても印象的でした。

主食はトウモロコシやキャッサバを粉状にして水で練ってバナナの葉でくるんで蒸した「ウガリ」や「マニョーク」と呼ばれるおもちのようなものと、その日に捕れた魚や肉、野菜を食べています。
バナナで作った自家製ビールなんかも見せてもらって、ボクも少しいただいたんですが、酢味噌のような、とてもスッパ~イお酒でした。
村にはいくつか決まりごとがあって、ピグミー独自の言語も存在するのだそうです。

ただ、子供の死亡率がすごく高いことにビックリしました。
なんと2人に1人は5歳までに病気で命を落としてしまうのだそうです。。。成人の人たちの平均寿命もおよそ40歳前後と低く、すぐに駆けつけることのできる病院なんてないですし、病気に対してもとても無防備な環境です。
何か出来ることはないか。。。なんて考えてみましたが、文明から離れて生活すること、それが彼らの選んだ生きる道でもあるわけで、なんだか複雑な気持ちです。
逆に、それらを乗り越えてきたからこそ、今こうして生きているピグミーの人たちが際立って活き活きしているようにも感じられました。

村を出るとき、とても寂しかったです。
もっとずっとここにいたい。この純粋であたたかな人たちにもっと触れていたい。
けれど、ぬくぬくと育った人間がここで生活なんて出来るわけも無く。。。やはりここでお別れです。
肉眼で見えなくなるまで村人たちはずっとボクを見送ってくれました。
子供たちは岩のてっぺんまで登って手を振ってくれています。
一人ひとりと握手をさせてもらった、彼らからもらったぬくもりを逃さないようにギュっと握って山を降りました。

ザイールの旅は長く過酷で、険しい道のりでした。
それでもここまで諦めずに進んできて本当によかった。
人々の屈託の無い笑顔と、ダイナミックな景色、そしてなにより、最後の最後に夢にまで見たピグミーの人たちに出会うことが出来て、もうこの日は忘れられないくらい大きな感動で胸がいっぱいでした。

大自然と共に生きている、森の民「ピグミー」。
ありがとう。
ボクはずっと、ずっと、あなたたちに会いたかった。



 

くたくたのリュックサック

 投稿者:ガチピン  投稿日:2013年 3月29日(金)20時16分8秒
返信・引用
  カズママさん完走おめでとうございます!
ソウイチロウくんがまだ大変ななか自分の時間も確保しながらの練習の日々。
旦那さんと力を合わせて最後まで走り抜けて良かったですね!
次回も頑張ってください☆

みんな元気にしていますか。
早いものでもうすぐ4月、今年も新しい季節が始まりますねえ。
そうしていると、どんどん暑くなって、夏が来て、
そうしていると、どんどん寒くなって冬が来て。。。
ああ、なんだか一年経つのって早いなあ~。。。

人生は思い荷物を背負って坂道を登るようなものだと聞きました。
登った先にはどんな景色が待っているのでしょうか。
最後の最後は大声で笑いながらガッツポーズできたらいいなあ。

 

初マラソン

 投稿者:KAZUmama  投稿日:2013年 2月 1日(金)15時27分19秒
返信・引用
  みなさん、先生お元気ですか?

平凡な毎日ですが、近況報告を一つ。

昨年11月に人生初のマラソンに挑戦しました!
大阪マラソン2012 フルマラソンにエントリー。

夜、子どもを寝かしつけて主人に託し練習したり。
早朝に走りに出て朝食までに戻って来たり・・・

なかなか思うように練習できず本番を迎えました。

中間点までは順調!
が!!!
そこからが地獄でした・・・

膝の痛みから始まり、どこが痛いのか分からないくらい全身が痛くて。

リタイアしようと思えばいつでもできる。
でも完走したい。

歩いたり走ったり。
6時間45分

なんとか完走できました。

主人と子供が電車を使って色んなポイントで応援してくれて。
ゴールで会えた時には感動☆

しばらく体は使い物になりませんでした(笑)

この達成感はまた味わいたい。
いつかまた挑戦します!

とりあえず3月に「湯河原オレンジマラソン」10キロに挑戦!
母になってもアクティブに頑張ります♪

では、皆さんも流行のインフルエンザにご注意を!

 

Re: 忍耐

 投稿者:TR  投稿日:2012年11月20日(火)11時26分33秒
返信・引用
  がちぴんさん

猪苗代湖畔にある野口英世の生家に何回か行ったことを思い出しました。
アクラに銅像が立っていたのですね。
富士山の冠雪がきれいです。
 

忍耐

 投稿者:がちぴん  投稿日:2012年11月20日(火)06時15分5秒
返信・引用
  今年も卒論のシーズンが到来したのですね。
後輩たちは忙しく過ごしているのでしょうか。

ボクはようやくガーナまで来ました。
今日はアクラ市内にあるコレブ病院へ行き、我らが野口英世先生にお会いして来ました。
黄熱病の研究でガーナへ渡航し、わずか半年で自身も黄熱病に罹り亡くなられたのだと。
先生の研究室は今も現役の医学生たちが研究で使用しているそうです。
その横には日本庭園なるものも造られていて、綺麗に管理されていました。

アフリカの大地に偉大なる日本人の名前が刻まれていることに思わず鳥肌が立ってしまい
しばらく先生の銅像を見つめていました。
インターネットや情報など無い時代に、こういった世界へ飛び出して活躍されるということは
期待も不安も、きっと半端なく大きかったのだろうなあと。
最後に一礼して、病院を後にしました。

これからいよいよ冬本番ですね。
どうかお身体大切に、暖かくしてお過ごしください。
先生とみんなが今日も元気でいてくれますように祈っています。

 

卒論口述

 投稿者:TR  投稿日:2012年11月15日(木)15時13分45秒
返信・引用
  卒論提出が終わって口述の準備が始まりました。
みなさんは何の準備をしてますか。どこまで来ましたか。
 

アフリカ縦断

 投稿者:がちぴん  投稿日:2012年 7月13日(金)03時12分39秒
返信・引用
  2012年も半分終わってしまいました。
暑い日が続いていますが、みんな変わりはありませんか。

ボクは今月に入ってからアフリカ大陸縦断の旅を始めました。
スペインからモロッコへ渡り、これから大陸南端の喜望峰目指して進みます!
初心を忘れず、日本人としていっぱい吸収してきます。

2012年がいつの日か素晴らしい年だったと言えるように
みんなそれぞれの道で悔いの無い様に頑張って、いつかまた会いましょう!
その日を楽しみにしています。

 

 投稿者:がちぴん  投稿日:2012年 6月11日(月)00時22分26秒
返信・引用
  以前バーガーショップで後ろ席の家族から聞こえてきた会話でした。

ハンバーガーって、バンズにパテ、チーズ、野菜など、たくさんの動植物の命と、
かつそれを作っているたくさんの人たちの労力から出来ているはずなのに
両手を合わせて「いただきます!」と言って食べている人は少ないのではないでしょうか。。。

おなかが減っていたら貪り食べられ、満腹だと少々捨てられてしまう。。。
被災地で新たに建てられたコンビ二でも賞味期限マイナス2日ほどのまだまだ食べられるお弁当や飲み物が
毎日ゴミ袋に詰め込まれ捨てられていました。

「飽食」って悲しい言葉ですね。。。
日本の将来のために命を懸けて戦死された方たちがこの現状を見られたらどう思われるでしょう。。。
やはり食べ物は有難いものだと思います。

 

どこかで

 投稿者:TR  投稿日:2012年 6月 6日(水)09時12分18秒
返信・引用
  どこかでありそう、でも聞いたことないかな。
昨年は、2名が世界の食料問題について卒論を作成しました。
 

神様がくれたハンバーガー

 投稿者:がちぴん  投稿日:2012年 5月31日(木)07時33分42秒
返信・引用
  母 「なによ、せっかく買ったのに!」
子 「いらん!テリヤキ嫌いって言ったじゃん!」
父 「だまって食え、殺すぞ!」
子 「やだ!食いたくねえし。」
母 「もういいわ、捨ててくから。」
父 「二度とつれて来ねえからなこのバカ!」


これが生態系の頂点に立つ人間の会話です。
モノが豊かになりすぎた今、この星から食料が消えたとしたら
ボクたちは明日助け合っていけるんでしょうか。

ハンバーガーってめちゃくちゃ恐ろしい食べ物かもしれないと思いました。
もしかしたら、核兵器より恐しいかも。

 

地球家族

 投稿者:がちぴん  投稿日:2012年 5月16日(水)17時12分31秒
返信・引用
  「宇宙船地球号」「差異ある責任」
ボクたちは同じ大きな船の上に生きているんですねえw
自分の客室がどれだけ恵まれているのかは、そこからはなかなか見えにくいことだと思います。

モノが豊かな国、マンパワーが豊かな国。
この船ではどちらが幸せなんでしょうか。。。

瑞々しく弾けそうな人間らしい笑顔を見ると、いつもドキっとさせられます。
これから40年、自分がひっくり返って頑張ってみても
あの笑顔は絶対真似できないんだろうなあと思いました。。。(-▽-;)

 

宇宙船地球号

 投稿者:tr  投稿日:2012年 5月 8日(火)23時20分23秒
返信・引用
  運命共同体に見える宇宙船地球号ですが、特等室の人は三等室まで行けても、三等室の人は特等室にこれませんものね。でも特等室にいたからこそ出来ることも多いですよ。共通だが差異ある責任です。  

エネルギー

 投稿者:がちぴん  投稿日:2012年 5月 3日(木)23時13分13秒
返信・引用
  ある国の子供たちに「日本はどんな印象ですか?」と聞いてみると
「電気やエネルギーがたくさんある豊かな国」だと言っていました。

中には「その電気をボクたちにも分けてください。」という子もいました。


電力供給が不安定で朝晩の限られた時間しか電気が点かず
皆それを不満に感じているようですが、それでもどうにか生活出来ています。

日本の学ぶべきところが大いにあるなあと思うと同時に。。。
エネルギーを浪費している立場としては、複雑なメッセージでした。。。


 

人のため

 投稿者:がちぴん  投稿日:2012年 4月30日(月)05時53分24秒
返信・引用
  たしかにそういう葛藤はいつもありました。
結局は自分のためなんだろうなあと。

ボランティアってどういうことを言うのでしょうね。。。
どんなに想ってしても、家を流され大切な人を失った人の悲しみはやっぱりその人にしか分からないことです。

それでも今回の被害はあまりに大きくて、人の手を必要としている声もたくさんあります。
ボクたちはどんな気持ちで臨めばいいのでしょうね。。。

 

(無題)

 投稿者:tr  投稿日:2012年 4月30日(月)00時21分15秒
返信・引用
  世界旅行、ボランティアと、人のために-----と思いつつも、かえって得難い経験を積んだり、自分の成長につながったりと、申し訳けないような気もしてきますね。  

南三陸から

 投稿者:がちぴん  投稿日:2012年 4月 6日(金)00時17分5秒
返信・引用
  昨年11月から今日まで南三陸町志津川へ復興のお手伝いに行って来ました。
瓦礫を撤去したり、漁師さんのお宅でホタテやワカメの出荷のお手伝いをして
たくさんの人たちの協力のおかげで、無事作業を終えることが出来ました。

今年は寒さが厳しく、人と人のぶつかり合いや、地元の人との温度差、
自分の中途半端さに何度も心折れそうになる反面、人の優しさや心の美しさにも何度も救われました。

ちょっとづつではありますが以前の生活に近づきつつあるようにも見えます。
が、やはり沿岸部はどこも復興とは程遠く、一年経ってようやくスタートラインに立つ
準備が整ってきた感じでした。

集合住宅には船や車がいまだに突っ込んだままになっています。
テレビやニュースでは伝わっていない細かい問題が山積みです。

もし時間があれば被災地へ、何も出来なくても現状を誰かに伝えるだけで
支援の輪が広がるかもしれません。
時間が無くても地元から出来る支援もたくさんあります。

3.11は終わっていません。
まだまだ時間と人の手が必要です。


 

「ユーラシア大陸横断」 完!

 投稿者:がちぴん  投稿日:2011年11月 5日(土)02時39分29秒
返信・引用
  10月19日
ユーラシア大陸最西端の地、ロカ岬に到着しました。
昨年の10月に日本を出てからかなりの時間が経ってしまいました。

日数 :375日
国数 :61カ国185都市
写真 :22,363枚(29GB)

今回は道中本当にたくさんの人と笑顔に出会うことが出来ました。
今、帰国して改めてその有難味を感じています。

旅の記念に動画なんぞ作ってみました。
良かったらご覧くださいませ。

● MOVIE 「 IN YOUR TOWN Asia-Europe 」
http://www.youtube.com/watch?v=fSQUGsNdxhQ

年が明けたら今度はアフリカ大陸縦断の旅が始まります。
みなさんも元気で素敵な一年を迎えてください☆


 

最西端

 投稿者:がちぴん  投稿日:2011年10月18日(火)08時15分46秒
返信・引用
  先生、ご無沙汰しております。

いよいよ卒論の時期になったのですね。
泊まりで研究している後輩たちの姿がなんだか頼もしく感じます。
みんな自分なりのベストな発表ができるといいですねえw
健闘を祈ります☆

季節の変わり目ですので、先生もお身体には十分気を付けられてくださいね。
ボクももうすぐ帰ります。


 

いろいろ楽しそうですね

 投稿者:TR  投稿日:2011年10月14日(金)23時32分15秒
返信・引用
  ドブロクニクの写真(?)、スウェーデンインタヴュー楽しく拝見。昔行った時を思い出しました。卒論書くのに四年生も研究室に泊ってます。  

How do you think about Japan?

 投稿者:がちぴん  投稿日:2011年10月14日(金)19時24分40秒
返信・引用
  ちょっと前ですが、スウェーデンのストックホルムでインタビューをしてみました。
スウェーデンはどんな国?日本はどんな印象?将来に向けて頑張っていることなどなど。

今回18歳の男の子と女の子、37歳の女性にそれぞれ8問ずつ質問をしたのですが、
日本について、

「きれいなお寺がある!」
「笑顔が素敵な人が多い!」
「優れた日本人の頭脳を交換してほしい!」
「うどんをたべてみたい!」など

みんなそれぞれの考えを文章や絵で楽しく表現してくれました。


世界から見た「日本」。
いったいどんな印象なんでしょうね!

 

 投稿者:がちぴん  投稿日:2011年 9月26日(月)18時41分43秒
返信・引用
  もうすぐ秋ですね。
今年は本当に災害の多い年になってしまいました。
皆さんご無事でしょうか。

ボクは一年の中で十月が一番好きです。
暑さが和らいで動きやすくなると、夜風にあたりながら散歩するのもいいですねw

あと、食べ物も美味しい季節です。
あったかい栗ご飯が食べたいなあ(-▽-:)

今年の秋はどんな発見があるんでしょうね!
日本の秋を楽しみましょう☆

 

ヌチドゥタカラ!

 投稿者:つじ  投稿日:2011年 8月27日(土)16時00分58秒
返信・引用
  先日、『永遠の0』っていう小説読みました。
この国に起きたこと、つい65年前のこと知っておかなくちゃ、伝えていかなくちゃって思いました。
先生、みんなお元気そうで何よりです!幸せ子育て奮闘中のmamaがいれば世界を旅している旅人もいて、鳥飼研究室は賑やかですね。
番組楽しみにしています(^^)
 

ヌチドゥタカラ

 投稿者:がちぴん  投稿日:2011年 8月25日(木)20時15分31秒
返信・引用
  なんだかあたたかみのある言葉ですね。

親から授かった
出会った人たちから作ってもらった
そしてこれからさらなる出会いが待っている
大切な命、宝物ですね。

今この時代に生まれ生きていることはきっと何か意味があると思います。
何かの宗教ではありませんが(-▽-:)

先生の出演される番組楽しみにしていますね!
暑い夏がまだ続くと思いますのでお体ご自愛ください。
みんなも元気で。ね!

 

戦後66年

 投稿者:TR  投稿日:2011年 8月17日(水)01時54分1秒
返信・引用
  みなさんの書き込みを読んでいると笑顔が見えるようでうれしいです。
七月に予科練出身の方に講演をしていただき、八月に沖縄戦の聞き取りをして「いのちは宝(ヌチドゥタカラ)」と実感しました。
番組は9月5日からで、websiteに予告しますね。
 

観たい!!

 投稿者:mama  投稿日:2011年 8月 2日(火)10時17分34秒
返信・引用
  先生がNHKの番組に出ると聞きました!
いつの何時からですか??

ぜひ観たいので教えてください!!
どんな番組なのか楽しみです♪
 

元気もりもり

 投稿者:がちぴん  投稿日:2011年 7月28日(木)20時49分59秒
返信・引用
  mamaさん出産おめでとうございます☆

震災のなか出産への不安はとても大きかったと思います。
蒼一郎くん、元気に誕生してきてくれて本当に良かったですね!
これからも元気でスクスク育っていってほしいなあと思います。

あれから一年、みんな変わりはありませんか。
今年は本当に大変な年になってしまいましたが、
なにより、トリーズカフェのみんなが無事でいてくれたことが一番の幸いです。

お互いまだまだ大変なことはあるかもしれないけど、
疲れたときはここで愚痴ってもいいじゃないですか。
行き止まりでもいいじゃないですか。
どうかメゲないで、生きていきましょう。
次の世代のためにも!


 

報告もりもり・・・

 投稿者:mama  投稿日:2011年 7月17日(日)17時49分28秒
返信・引用
  こんにちは☆
卒論は「スポーツと環境について」を書きました。
先生、わかりますか!?わかりますよね(笑)


1年前はトリーズカフェ同窓会でしたね!!
その日もすごく暑かったのを覚えています。

あれから1年。
私の生活は随分変わりました。
その都度、報告したかったのですが・・・まとめての報告になってしまい
すみません。

あの同窓会から1ヶ月後・・・
8月末 妊娠発覚  あんなにビール飲んでた!!大丈夫かと不安になる・・・
10月 市役所の臨時職員として働き始める。(半年の契約)
3月  東日本大震災 職場で死ぬかと思った。お腹の赤ちゃんもきっとビビったはず。
3月末 臨時職員の契約終了。専業主婦に戻る。

5月1日 0:37 体重2734gの元気な男児を出産。
名前は蒼一郎(そういちろう)と名づけました。

現在、2ヶ月半くらい。
体重も5キロを超え元気に成長中!!



震災の中、臨月を迎え
お腹の中の命が、不安な生活の支えでした。
無事、出産で来て本当に嬉しい。
五体満足は当然ではなく奇跡です。


母親業は想像以上に大変で、不安もありますが
本当に楽しい!!
人生でこんなに楽しいことがあったんだ!というくらい楽しい♪
母の特権です。

この夏は節電モード。
被災地はまだまだ厳しい現状。
政治はわけわからん。
原発はどうなる?

子どもは社会の宝物だと思う。
自分で産んでみて実感した。

この子が産まれてきてよかったと思える社会であるように
私もその一員として何ができるかな。

母1年目。
子どもとともに1日1日、成長中☆

話したいことは山ほどあるんだけど、それはまた会ったときに♪
乱文失礼いたしました!

がちぴん。
無事、帰国を心待ちにしてるよ!!

先生にみんなに会いたい!
またトリーズカフェ同窓会やろう♪
 

ありがとう

 投稿者:がちぴん  投稿日:2011年 6月10日(金)15時53分41秒
返信・引用
  ある人が言っていました。

「ありがとう」という言葉は世界共通で
形は違っても同じパワーを持っているんだと。

「ありがとう」という波動がそこにいる空気を変え、人を変え
やがて空気に伝わって自然界へと伝わる。

一人でも多くの人が「ありがとう」という言葉を発することで
地球の空気が変わるかもしれません。


「ありがとう」

こうして生きていることへの
仲間たちが生きていることへの

母なる地球への感謝の言葉なのかもしれません。
 

こんにちは。

 投稿者:つじ  投稿日:2011年 5月19日(木)19時34分53秒
返信・引用
  久々に先生のHPをのぞいてみました。
学生の頃をふと思い出すとのぞきたくなります。
みなさんお元気でしょうか。
がちぴんが無事に日本に戻ってこれますように。

先日、ゼミ仲間がお母さんになりました!
子供ですよ~!母ですよ。
それぞれの場所でめいっぱい素敵な人生をおくりましょう~☆
また会いたいですね。

 

東日本大震災

 投稿者:がちぴん  投稿日:2011年 3月24日(木)22時09分51秒
返信・引用
  先生みなさん、ご無事でしょうか。
僕たちの国は今、これまでに無いほどの危機に直面し
大きな困難に立ち向かおうとしています。

自分にできることは何なのか。。。
わずかなことしかもしれないけど
みんなで力を合わせて復興に協力していきたいですね。

今回災害で亡くなられた多くの方々のご冥福と
発見されていない方々が一日も早く無事救命されることをお祈り申し上げます。
また、過酷な状況での避難所生活を送られている人たちと
命がけで現場の復旧に臨まれている方たちの無事を祈っています。

まだ大きな余震がおこる可能性もあるとのことですので、
関東におられる方は引き続き十分に注意されてください。

はやく明るい日本に戻ってほしいですね。
 

2011年

 投稿者:がちぴん  投稿日:2011年 1月13日(木)21時31分55秒
返信・引用
  あけましておめでとうございます。
皆さんお元気ですか?

昨年に引き続き、今年もどうぞよろしくお願いします。
今年はどんな一年になるんだろうか。。。

また近況報告なんかあれば待ってます。
 

「第一回 トリーズカフェ IN 東京」無事終了☆

 投稿者:がちぴん  投稿日:2010年 7月21日(水)16時01分6秒
返信・引用
  7月18日、新宿にて平成17年度生卒業後初のゼミ会「トリーズカフェ」が開かれました!
暑い中参加してくれたメンバーの方々、どうもありがとうございました。
そして何より、お忙しいところ来て頂いた鳥飼先生、本当にありがとうございました。

久しぶりの先生からのお話、思わぬ暴露ネタ、フルボリューム過ぎる料理などなど。。。
みんな元気で楽しい再会になりました。
バタバタしてしまって行き届かないところもあったかと思いますが悪しからずm(_ _)m

また、何年後かにカフェオープンしたいと思います。
今回来られなかった人も次回は是非!
それまで皆どうか元気で頑張りましょう☆

ありがとう。
 

ゼミ会ビール

 投稿者:クリリン  投稿日:2010年 7月18日(日)22時54分0秒
返信・引用
  参加された皆さんお疲れ様でしたパー
そしてありがとうハートx2

久々に会ってみんな変わってなくて思い出が蘇って嬉しかったです♪

そして何より先生が来て頂けるなんてホントに感激です^▽^



色々な暴露話を聞けたのも幹事様のお陰です(笑)
今度はより多くのメンバーが集まる事を期待して帰り道を帰ってます^皿^

みんなも体には気をつけて安全第一で頑張って行きましょ↑↑
ではではまた会う日までOK
 

「トリーズカフェ IN 東京」

 投稿者:がちぴん  投稿日:2010年 6月21日(月)16時39分9秒
返信・引用
  お久しぶりです。
4月、大学で先生にお会いできてうれしかったです。
お忙しい中最後まで見送っていただいて本当にありがとうございました。

さて、すでに平成17年度卒業生の皆さんにはお知らせしておりますが、7月18日(日)に卒業後初のぜミ会を開きたいと思っております!
東京にて17時頃の予定です。(詳細後日)

「同窓会」ってぇほどのものでもありませんが、あの時のようにふらっと皆で集まってゆる~く飲んだり話したり出来たらと思います。

まだ時間がありますので未定の方も連絡お待ちしてます。
他の世代の方でも参加OKです。下の「管理者へメール」からメッセージお待ちしてます。


皆に会えるのを楽しみにしています☆
 

がちぴん旅に出る

 投稿者:TR  投稿日:2010年 4月14日(水)12時28分2秒
返信・引用
  人生は旅のようなもの。出会いがあり、別れがある。喜びがある、悲しみがある。
希望がある、失望がある。でも、みんな受け入れる。みんなも受け入れた。
新しい道も、いつか来た道も、自分で選んで進んでみよう。
 

皆さんお元気ですか

 投稿者:TR  投稿日:2009年12月23日(水)10時20分21秒
返信・引用
  自分の道を進んでいても、一人のようでひとりではありません。
実はいろいろな人の道と交差していると思います。
クロス・ロードは楽しいです。
 

退職届

 投稿者:がちぴん  投稿日:2009年12月22日(火)02時13分13秒
返信・引用
  この度、進路変更することになりました。
東海大学卒業から4年間車の営業としてやってきましたが、1月一杯で退職することが決まりました。
まあ、前から決めていたことなんですが。。。

しばらく旅に出ます。
大学時代に買ったバイクで日本一周。
その後、中国を皮切りにそのまま行ける所まで行ってみようかと。。。

とりあえず、身の回り整理とトレーニングで体力造りに専念します☆
アイアンマンになりたい。。。
 

レンタル掲示板
/3