teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:4/15 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

放射線の単位換算と放射線の性質について

 投稿者:ニコニコ  投稿日:2011年 3月22日(火)08時45分2秒
  通報 返信・引用
  ナノグレイとシーベルトの関係
1グレイ=0.8シーベルト
1ミリグレイ=0.8ミリグレイ
1マイクログレイ=0.8マイクロシーベルト
1ナノグレイ=0.8ナノシーベルト


放射線について詳しく載ってます。
http://www.remnet.jp/lecture/forum/01.html
120CPM = 約 1マイクロ シーベルト/時

Q 「ベクレル」って言葉を聞くけど何?
 A 放射性物質は原子が崩壊して放射線を出します。放射線を出す能力を放射能といいますが、放射能の強さや量を表す単位が「ベクレル」です。1秒間に原子一つが崩壊すると、1ベクレルといいます。

 Q 1ベクレルってどのくらいの量なの?
 A ラジウム温泉1リットルでおよそ10万ベクレル、人も体内に放射性物質を含むため、人体全体で約6千~7千ベクレル、たばこの灰1グラムで約5・9ベクレルといった具合です。

 Q 「シーベルト」という単位もあるけど、どう違うの?
 A 「シーベルト」は人間が放射線を浴びたときの影響を表すのに使う単位です。放射性物質が出す放射線にはアルファ線やガンマ線などいろいろな種類があり、その種類や物質からの距離によって人体への影響が異なります。
 日本人は自然状態で年間約2・4ミリシーベルト浴びています。これ以外に、人工的には年間1ミリシーベルト(千マイクロシーベルト)が一般人の許容限度とされていますが、CTスキャンなど明確な利益や理由がある場合は、許容限度とは別に考えることになっています。職業で放射線作業をする人には別の基準があります。

 Q 「ベクレル」と「シーベルト」の違いがいまひとつ分からない。
 A 電球に例えると、光の強さそのものに相当するのがベクレル、距離によって異なる明るさに相当するのがシーベルトだと説明する専門家もいます。

http://www.crafz.com/nayu/

 
 
》記事一覧表示

新着順:4/15 《前のページ | 次のページ》
/15