teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


お初です

 投稿者:AKI  投稿日:2002年 7月20日(土)00時31分39秒
  このホームページを見つけて一年になりますが今回はじめてメールを打ちます。今からだいたい一年前に西勘さんから西勘オリジナルロングスピアを「通販」で購入しました。それ以来、ほぼ毎日ジーンズの右ポケットを定位置になっています。ほんとに使いやすく、また、ハンドル材の黒檀もまた、艶が出てきて、握った時にも持ったときなじんできんました。やはり、天然素材は使っていくうちにきれいになっていくのでうれしいです。ただ、公共の場でおおっぴらに使用するのはかなり気が引けます。が、やっぱり、いいものはいいです。西勘本店のみなさん、製作者の皆さん、これからもこのようないい商品をお願いします。自分もっともっと使い込んでいきます!  
 

知りませんでした

 投稿者:西勘本店  投稿日:2002年 7月19日(金)00時09分30秒
   西勘オリジナルであれば多分当店でお買い上げのお客様でしょう。
製作者に関してはあえて公表いたしておりません。非公式にお買い上げの
お客様にはお話しているかもしれません。誰が作ったのであれ西勘刻印であれば
その価格でも評価されたのはとても嬉しい事と解釈致します。
西勘刻印の道具は多品種に及びます。それこそ左官鏝・モンキーレンチ・庖丁・肥後守
それに今度のロングスピアです。ひょっとして売り方を間違えたのは当店なのかも
知れません。ウーン、なんと申しましょうか。自称あきんど失格ですね。
 AKIRAさん京橋で地味に売ってるだけでは知れたものですね。
また勉強になりました。
 

西勘オリジナルロングスピア

 投稿者:AKIRA  投稿日:2002年 7月18日(木)19時14分23秒
  先日、ヤフーのオークションで西勘オリジナルロングスピアが売りに出されてました。
説明では「限定生産品のカスタムナイフ」「ヘアライン仕上げ」
さらに製作者は別の人の名前で紹介してありましたね。
初値10000円で落札価格は30000円を軽く超えてました。
ウーン、なんと申しましょうか。
 

夏の始まり

 投稿者:西勘本店  投稿日:2002年 7月 4日(木)08時53分49秒
    高橋さん毎々エールありがとうございます。
田崎さんの3本は初期勢いを感じる今ごろの季節にふさわしい
ナイフでした。金のナイフは今出来る事を・・・試行錯誤の悪い例でしょうか。
天候にバテテ、不況にバテテ、バテル理由がたくさんたくさんありますが
幾度となく繰り返しですので鈍感になっているのも事実です。
HP担当者が多忙につきなかなか更新できませんが、BBSで展開していきます。

 

田崎氏

 投稿者:高橋広志  投稿日:2002年 7月 3日(水)16時15分15秒
   彦さんのコラム読みました。何度も何度も。
 掲載されていた田崎氏のナイフを眺めていました。
 
 むつかしい世界ですね。

 あと、金のナイフも見ましたよ。
 
 それでは失礼します。暑いでしょうが、バテないで下さいね。

 涼しい札幌より
 

そういわれれば

 投稿者:西勘本店  投稿日:2002年 7月 3日(水)09時02分9秒
   AKIRAさんの感想で・・・なるほどそういわれれば
ですよね。しかし所有なさっていた事をいつものようにすっかり
忘れていました。いいですねぇ、あっさりHPに写真つきで掲載出来る
なんて、羨ましい。口が達者な文科系でして、それが出来れば
このHPはもっと商売につながるのに、くやしいです。
 悪趣味のあのナイフは「高けぇぞぉ!」だって奥歯に詰まっている金の
他には初めてのゴールドなのです。太閤記の世界をご一緒しませんか?
 

Re:サムエル・バーロー

 投稿者:AKIRA  投稿日:2002年 7月 3日(水)06時28分23秒
  西勘さんは随分と田崎成一さんに思い入れがあるようですね。
以前見せていただいた彼の数々のスマートなナイフ、
すっきりしていて素敵でした。

そういえば、まだ紹介してなかったなーなんて思い出して
鈴木新吉さんのサムエル・バーロー・ナイフ
ホームページに載せました。意外と女性向きかな。。。。

それから、ナイフマガジンで見ましたけど、
金のナイフは西勘ブランドで製作したんですね。ウーン、恐ろしいけど見てみたい。

 

ナイフマガジン95号

 投稿者:西勘本店  投稿日:2002年 6月29日(土)14時36分17秒
   彦先生の「あすのわかれ・田崎成一のこと」を読んで
泣けてしまいました。あの親父今頃どうしているんだろうかいな。
きっと戦友達も何度も何度も読み返している筈です。文庫本で
1行でも記憶に留まる文章があれば安い買い物としていましたので
随分と本は買いました。今回は久し振りに思いが募る文章でした。
でも田崎さんは死んでしまった訳ではないので、急に「おい、近くまできたから」
なんて、顔を出したらまた、互いに悪口合戦になるのはミエミエです。
 金のナイフ銀のカトラリーもまず題名からして的を射ていました。
誰が書いたか知らないけれど?軽快に斬り捨てられてしまいました。心地よい
敗北感が漂います。きっと今後第二の扉・三の扉と踏み込んできては斬り捨てご免
されそうです。まあ100号記念あたりにはまた提供しましょう。しかし
金子成美さんの撮影の金のナイフすんげぇよく撮れていました。
プロの技に脱帽です。趣味の本ですので
自分の周りしか見えませんが、今回は何度も読み返して
みます。


 

シースオーダーその後

 投稿者:菊一文字  投稿日:2002年 3月 9日(土)00時53分15秒
  西勘さん、こんばんは。
以前にシースのオーダーに付いて打診しましたが、

>現在シース製作者がどだばだしていますので、若干の納期を要します。

との事でしたがその後、問題は解決したのでしょうか?
オーダーしてから8ヶ月以上待ってやっと出来たナイフなので
出来る限り手許から離したく無いのです。
物はMDKのアナコンダです、PSC-NETさんのサイトの写真の現物です。
オリジナルアナコンダを別にしてたぶん世界に一本しか無い自慢の逸品です。
 

研ぎ

 投稿者:AKIRA  投稿日:2002年 3月 1日(金)20時10分54秒
  ナイフマガジンの「私とアウトドア」のコーナーをいつも楽しみに見ているのですが、
今回は西勘さんが指導しているんですね。
思わず西勘さんの声が聞こえてくるようでした。
イラストもとってもチャーミングに描いてありますね、思わずウフフでした。
 

レンタル掲示板
/10